Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

寝る時間

私が遅く帰る日が多くなって、余り子供たちのことを構っていれなくなった。
かといって、ママが見てくれる訳でもない。

私が仕事から帰るのは午後9時以降くらい。
ママはようやく食事を作って寝てしまうようで、私が帰って来ると既に寝ている。
子供たちが二人で起きていて、風呂にも入らず起きてテレビなど見ている。

---


ママは自分だけシャワーなどして寝ている。
もちろん、飯を作ったり簡単な掃除、洗濯物を干すところまではやってくれているが、後は全て私がやっている。
風呂を入れて、子供たちの残り物を食べ、後片付け、食器洗い、洗濯物を片付け、子供たちを風呂に入れて、歯磨きをさせ、翌日の準備をする。
ハル坊に宿題をやらせたりすることもままならない。
そして、子供たちと一緒に寝る。

寝る時間は、これだけのことをやった後なので、私の帰宅時間の1時間半後くらい。
つまり、11時前くらいになる。
家が狭い上に、一部屋はママに占領されている。
子供たちが寝る前に全てやらねばならない。寝てからやると、子供たちが起きてしまう。

近年、子供たちの寝る時間が遅いと言うが、家が狭いのも一つの大きな原因なのではないか。
狭い家で、親の帰りが遅ければ、程度の差はあれ、必然的にそうなると思う。

これを社会が夜も動いているからとか、テレビがずっとやっているからとか、しまいには最近の親がルーズだから、と言うのは、どうも事実を直視していない人たちの言い分に見える。
直視すると、社会への不満(低賃金やサービス残業、高い地価や物価など)が噴出する。
ここはやはり別の理由にしておかなければならない大人の事情があるのだろう。あるいは、本当に現実を直視して分析する能力がないのか。

そんなことはどうにもならないことだが、とにかく子供が寝る時間は遅くなっている。
子供を寝かせてからまた仕事に出かけることも多い。
とにかく時間がなくなる。

子供たちは心配ではあるが、働かないと食うことすらままならない。
忙しくなると、無理なことも多くなる。
家の片付けや掃除も私がやるが、これが一番後回し。
子供は散らかし放題で足の踏み場はない。



さて、以下余談。

忙しいのはいいこと、なんて言えてるうちが花。
実際は、貧乏暇なしなだけ。
収入が十分なら、私は余計には働かない。

例えば、今より高い収入を得ていた時期もあった経験から、それは無償の長時間労働であったり、極度のストレスがかかる仕事であったりした結果。
社会保険はあったが、退職金はなかったし、本当に大したことはない。

簡単なことで、時給4000円で年間2000時間労働して漸く年収800万円。

これが例えば、時給7000円で年間1000時間で年収700万円の人と比べたら、どっちが幸せだろうか。

月並みだが、まがりなりにも子供たちと過ごす時間が長いことに、優越感がある。
こんなに長く子供と関わっている父親は稀だろう。
これもあと数年の話。
あとは、少しずつでも趣味に生きることも出来るかも。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

請求パパ

Author:請求パパ
自閉症ながら高機能への道を突き進むハル坊、健常児である妹のさぁちゃん。二人の世話をするのが私。ママは安月給の正社員。私は一応自営業。忙しい時はブログが突如更新不可能になります。
プロフィールの画像は、Finnair(フィンランド航空)のサンタクロースバージョン。機内食のうまかったこと!いつか子ども達と、こんな飛行機に乗ってヘルシンキへ直行したいものです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
1778位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
成長記録
715位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。