FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C172]

こまり@さん
あけましておめでとうございます。

いいアイデアです。小遣い管理、予算管理の練習になります。
現物は見たことはありませんが配給券みたいなものになるかなと。
きっとすぐ使い果たしてゴネると思いますが、どういう使い方をするかは興味深いですね。
  • 2013-01-01
  • 投稿者 : 請求パパ
  • URL
  • 編集

[C170]

我が家はひと月にお買い物券を5枚あげます。
お買い物券ではガチャガチャや駄菓子(アメ・ガムなど)を買っています。

大きいおもちゃをほしがることはないですが、トミカなどの細々したものや遊園地・お出かけなどで何かをほしがったときは、普段じじばばからもらったお金の一部を封筒に入れて、私のお財布に入れてあるのでそこから使うようにしています。

お約束やルールばかりを頼りに生活していますが、お互い、明瞭で経済的でストレスのないことはとても楽なものです。
  • 2012-12-31
  • 投稿者 : こまり@
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

2012年の愚痴

年に数回は、ここにママに関する愚痴を書く。
いや、ついつい書いてしまう。今年の最後にまた書いておく。

ママがいつもイライラしている理由の一つに、子供たちにかかる出費が多すぎることがある。
出費の主なものを抽出してみると、食費と玩具。

まずは食費。
食費と言っても、子供たちの外食費用のことを指す。
主にラーメン屋、うどん屋、マック、ファミレスなどで使っている。
というか、週に3回は使っているのだから、これはバカにならない。
子供たちが素直に帰って来ないから、というのが理由らしい。

昨年後半くらいまで私が保育園への迎え係。
その時はまれに外食する程度で、毎日ということはなかった。

勤務時間の都合でママが保育園にお迎え担当に。私は朝担当。
外食が今や頻繁になっている。
間違いなくママのせいだ。
自分で作った原因でイライラしていることになる。
とても、そんなものに付き合っていられない。


次に玩具。
2000円程度の玩具なら1ヶ月に2回ほど買ってあげる覚悟をしている。
しかし、ハル坊が最近欲しいのはもっと高額な玩具。5000円以上のものが多い。
たまにしか買ってあげられない。
ハル坊は欲しくて欲しくてたまらない。
毎日のようにしつこく言ってくる。
私は我慢しなさいと言うが、泣き叫んだり暴れたりされることも多い。




これにはママもたまらないらしく、買ってあげるよ、と言って黙らせる。
一度買ってあげると言ったら、自閉っ気旺盛なハル坊は諦めない。
最早、買うしかないところまで追い込まれる。
結局、玩具を買う羽目になる。

私は玩具を吟味して、少しでも想像力の足しになったりするのを買ってあげる。
しかし、ママはハル坊が欲しがるものをそのまま買ってあげる。
したがって、玩具の量も増大する。部屋が狭いのに、ハル坊の玩具であふれかえる。

この辺を実は妹のさぁちゃんの方が冷静に観察している。
さぁちゃんは玩具が欲しいとは滅多に言わない。

理由を一度聞いた。
「家がぐちゃぐちゃになるから嫌い」
ということらしい。
ハル坊が手に入れた玩具があちこちに散乱しているのが気に入らないようだ。
自分はそんなことはしない、という意思。
既に片付ける場所は限界を超えている。

片付ければいいだけ、と思うかもしれない。
私もそう思った。
しかし、実際やると、押し入れもどこもママの服などがいっぱい。
ほとんどはフリーマーケットなどで買った安いモノだが、とにかくいっぱいある。
容積的には、私の衣服の4倍くらいある。
これのせいで玩具を片付ける場所がない。
いらないものを捨てろと言っても、あれもいる、これもいる、と。
ほとんど捨てることはない。

そんなママにも解決方法がある。
それは、もっと広い家に引っ越すこと。
何の解決にもならないと思うなかれ。
ママは本気で考えている。

広い所に引っ越せないほど収入の少ないことに不満を抱く。
もっと給料の高いところに転職するとか、もっと稼いでこいとか。
そういうところに矛先が向く。
これ以上労働時間が長くなったりして、子供の世話は誰がするのか。全く考えていない。
ついでに自分の思考が異常だとも考えていない。

私が問題点を指摘すると、すぐに怒り出して、しばらくイライラが続く。
つまり、気に入らない意見は一切遮断している。

ネットでよく見かける人格だが、リアルにもいるという例。

こんなのに付き合っていると、正気を保つだけで神経がすり減る思い。

正気と言えば、昔、南宋に文天祥という政治家がいた。
モンゴルに負け続ける不甲斐ない宋軍。
彼は文官の身でありながら、私財をなげうちゲリラ戦で活躍する。
しかし、ついにモンゴルの捕虜になる。
彼の能力に目をつけた元の皇帝クビライから、高官のポストを用意して何度も出仕の要請がくる。
彼は獄中で「正気の歌」を詠み、長々と宋への忠誠とモンゴルへの不服従を表した。
そして最後は彼の望み通り処刑された。

さて、その文天祥の苦労と私の苦労。
全く異質ではあるが、辛苦のレベル的にはかなり近いもののように、私には思える時があったりする。

歴史書に残る英雄並みの苦労を今まさにしていると思えばいいのか。
あるいは、どこかの国の政治犯強制収容所にいるよりはましだと思えばいいのか。

苦労は金を出してでも買えとか言われて来たものだ。
しかし、どうだい、おじいさんたち。明らかにあなた方より苦労しているよ。
私はどんなに立派な人になるんだろう。

2件のコメント

[C172]

こまり@さん
あけましておめでとうございます。

いいアイデアです。小遣い管理、予算管理の練習になります。
現物は見たことはありませんが配給券みたいなものになるかなと。
きっとすぐ使い果たしてゴネると思いますが、どういう使い方をするかは興味深いですね。
  • 2013-01-01
  • 投稿者 : 請求パパ
  • URL
  • 編集

[C170]

我が家はひと月にお買い物券を5枚あげます。
お買い物券ではガチャガチャや駄菓子(アメ・ガムなど)を買っています。

大きいおもちゃをほしがることはないですが、トミカなどの細々したものや遊園地・お出かけなどで何かをほしがったときは、普段じじばばからもらったお金の一部を封筒に入れて、私のお財布に入れてあるのでそこから使うようにしています。

お約束やルールばかりを頼りに生活していますが、お互い、明瞭で経済的でストレスのないことはとても楽なものです。
  • 2012-12-31
  • 投稿者 : こまり@
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

請求パパ

Author:請求パパ
自閉症ながら高機能への道を突き進むハル坊、健常児である妹のさぁちゃん。二人の世話をするのが私。ママは安月給の正社員。私は一応自営業。忙しい時はブログが突如更新不可能になります。
プロフィールの画像は、Finnair(フィンランド航空)のサンタクロースバージョン。機内食のうまかったこと!いつか子ども達と、こんな飛行機に乗ってヘルシンキへ直行したいものです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
2623位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
成長記録
1007位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。