Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

星を見る

秋の夜長とは言ったもので、暗くなるのが早い。
子供たちを保育園に迎えに行く頃には夜空に星が見える。
私は天文に詳しくないが、見えているのは2等星くらいまでか。

どこでどう知ったのか知らないが、さぁちゃんが「望遠鏡で星を見たい」と言い出した。
もちろん、この話にはハル坊も乗る。望遠鏡を買えるのを期待したか。
でも我が家では買う余裕はない。
買ってもすぐ壊されるか飽きるかどちらかだ。
再購入とか出来るようなものでもないし。

そこで、望遠鏡ではなく双眼鏡で見せることに。
双眼鏡で星を見るのは私も初めての試み。





双眼鏡でオリオン座の一部の星を見てみたが・・・。
心もち大きく見えるものの、肉眼で見るのと余り変わらない。

月を見てみると、月齢は若くてまんまるではないが、月の海が多少はっきり見えた。
これには子供たちも感激。「月が近くになった!」とかで。

しかし、定番の双眼鏡奪い合いが始まり、星を見るのは中止。
今度は満月を狙って見せてみようかな。

こんな状態なので、望遠鏡など買ったら2台必要になることは必須。
そんなものは絶対に買わない。
せいぜい10歳くらいになってから。



以下余談。

私は余り天文には詳しくない。
これは何故かと言うと、「あそこあそこ」とか指を指されても、夜空のどれがそれなのか全く理解できなかったから。
星座などはそもそも、その名から想像つかない形をしているもので、つまらなさが倍増。
「これがこぐま座」とか言われても、これのどこがクマなんだよ?という怒りとも呆れともつかない疑問が沸いたタチ。昔は多少見え方も違ったのかもしれないが。

すぐに分かるのはせいぜい月、金星、北極星、北斗七星とカシオペア座(この二つは学校で必ず習うので)、オリオン座(三連星が分かりやすい)。都会の夜だとせいぜいこんなものか。

ただ、星にはお世話になっていた。

じつは私はかなり方向音痴。
車で迷ったことは何度もあった。ナビがあって非常に救われている人間の一人。
ナビの無い頃、天気さえよければ、夜にはカシオペア座か北斗七星から北極星を発見して北が分かる。
そうするとだいぶ違う。進むべき方向がはっきりする。
昼間は太陽の影の方向と時刻と季節から方角を判断する術も磨かれている。

初めからコンパスがあれば何の問題もないのだが、車にコンパスを積むのもどうかと。
でも不安なので、今は車にはコンパスが積んである。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

請求パパ

Author:請求パパ
自閉症ながら高機能への道を突き進むハル坊、健常児である妹のさぁちゃん。二人の世話をするのが私。ママは安月給の正社員。私は一応自営業。忙しい時はブログが突如更新不可能になります。
プロフィールの画像は、Finnair(フィンランド航空)のサンタクロースバージョン。機内食のうまかったこと!いつか子ども達と、こんな飛行機に乗ってヘルシンキへ直行したいものです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
1778位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
成長記録
715位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。