Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

寒い時期のプール

早速行ってきました。住んでいる地域のプールは室内温水。料金もかなり安いのもあり。
夏の間は毎週のように行っていたけど、実は私もダイエットの必要も感じていて、まずはプールで泳ぐのがいいかな、というところ。

さて、前にも書いたかもしれない。
実際にこういう公営プールに行くと、設備が古いとかそういうのに加え、さまざまな制約がある。

1.忘れ物は一つあっても入れない(帽子とか。幼児を連れてはるばる自転車でやってきてそれはないだろうと思ったりもする)
2.子供一人に大人一人が付く必要がある(我が家でも二人いる。シングル家庭で子供複数とかの人を排除しているような気もする)
3.浮き輪などが禁止。貸与されるビート板のみ(ビート板使っていいなら、浮き輪だってありだと思う)

もちろん、運営側には理由があってのことだと思うけど、こんなガチガチに規制しながらも、吸水口に子供が挟まれて死亡した例などあったが、規制の優先順位が間違っているように思う。

特に今回は、2.が少し腹立たしいように思った。
つまり、三人の子供がいたら、夫婦で見ても足りず、プールは利用しないでね、ということになりはしないか。
公営プールで、税金投入して運営しているのに、より利用する価値のある人を排除するとは。
うちでは結局ママも連れて行ったが、ママは疲れているらしいので、ベンチに座っているのみ。子供を見ようとはせず、結局私が二人の子供と一緒に泳いでいるにすぎない。形式だけ整えばいいという規則に、さほど意味のある規制があることを私は知らない。







さて、昼ご飯を済ませて、プールに出かけようと言うと、案の定ハル坊が反対意見を言う。
自分は家にいて遊びたい、パパも家にいてほしい、どうせつまんない、とか色々と。

妹のさぁちゃんはプールに行きたくてたまらない。最近少し潜ったり出来るようになってきたからだろう。ママとさぁちゃん二人で行けばいいのだが、ママはその条件では行く気がない。
結局、ハル坊に色々言い含めて連れて行くことに。

着いてみると、人はそんなにいない。それもそのはずで、中にいると結構寒い。室温は30度、水温もそのくらいと書いてあるが、同条件の夏の屋外プールに比べるとやっぱり寒い気がするのは、気のせいなのか。
保温ルームもあるが、ドライの40度程度なので、いまいち温まれない感じ。
そんな中でも子供たちは2時間程度も遊んでくれた。

どんな遊びをするのか。
まず、子供用プールに入る。ハル坊もさぁちゃんも足が付くので、ここでは全く心配無用。

さぁちゃんは浮き具を借りると背泳ぎが可能になっている(いつの間に?)
背泳ぎをしている下を私が潜って通過すると何故か大喜び。
他には、背中に乗せて泳ぐとか。もちろん、私は浮上出来ないのであるが、子供としては、自分が足をつかずに沈んでいくのが面白いようだ。

ハル坊は潜って水中を見るのが大好きなので、勝手に泳ぎ回っている。
そこに私も潜っていって、水中じゃんけんをしたり、競争をしたり、どちらが長く潜れるか比べたりする。
更にハル坊は、大人用プールにも行く。もちろん、足は全く届かない。
散々悪口を言ったけど、このプールは大人用でも、大人さえついていれば、自由に利用していいコースがあるのがいい。そこでハル坊が自由に泳ぐ。疲れたらプールサイドに捕まって休む。息継ぎしながら立ち泳ぎしたりする。
普通にバタ足で進みながら息継ぎは難しいようだ。なので、手を引いてやってあげたりする。

ハル坊が大人用プールに行っている間、ママは子供用プールでさぁちゃんと色々遊んでいる。
両腕に浮き具を付けて背泳ぎなどもママ教えた模様。
楽しみが広がっているのは、子供本人にとってもいいこと。

こんなのを2時間も続けていると、随分体が冷えてくる。その辺で終了。
ハル坊は、このプールの後の熱いシャワーと、食事が楽しみ。公営だけあって、食事が安い。うどんを一緒に食べたが、確か250円とかだったと思う。立ち食い並み。
さぁちゃんもそのコースに乗るが、食事よりはアイスやお菓子など。

帰りは途中に遊具のある公園を通るので、そこで遊んで、夕方になって帰宅。
本当はママ無しで行きたいところだが、プールの規制が緩和されるわけでもないだろうから、仕方ないところか。

ちなみに、帰りの公園にはハトが多数いるのだが、ハル坊はハト追いをほとんどせず。むしろ、さぁちゃんがハトを全て地上から駆逐するような行動をしていた。
あれだけ激しくやっていたハト追いもひと段落ついたというところか。嬉しいような寂しいような複雑な感じ。

これから冬になる。今までは公園でも何でも行っていたが、ハル坊が家でおもちゃ遊びをしたいとなると、これまでとは少し違った対応が必要かもしれない。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

請求パパ

Author:請求パパ
自閉症ながら高機能への道を突き進むハル坊、健常児である妹のさぁちゃん。二人の世話をするのが私。ママは安月給の正社員。私は一応自営業。忙しい時はブログが突如更新不可能になります。
プロフィールの画像は、Finnair(フィンランド航空)のサンタクロースバージョン。機内食のうまかったこと!いつか子ども達と、こんな飛行機に乗ってヘルシンキへ直行したいものです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
1034位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
成長記録
412位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。