FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C142] Re: タイトルなし

こまり@さん
子供のことに無関心に見える親というのは確かにいますね。
無関心なのか、諦めているのか、それとも貧しくて忙しくて構っている暇がないのか。色々な背景が考えられますし、色々と考えさせられます。
私のよく知る限りでは、子供を放置気味な親の子供は非常に寂しそうでした。そして、反抗期には反抗度合が高かったです。でも、大人になってからは案外しっかりしている感じです。自立心があるといいますか。私の同級生などで放置気味になっていたのは、兄弟が多い人でした。これは仕方ないかな。兄弟が6人とかいたら、親は全員に構っていられませんから。
私も、今の子供たちが3セットとかの人数でいられた日には、構っていられないどころか、大変な困難を感じるような気がします。。

子供たちにとって「良い方向」というのは、私にはまだ分かりません。
しかし、「悪い方向」はある程度分かります。
そこを避けて通っているうちに、「良い方向」も見えてくるのではないかと思っています。
もっとも、私にとっては、その「悪い方向」に子供たちを向かわせているように見えるのがうちのママなのかもしれませんが。。(笑)
  • 2012-10-08
  • 投稿者 : 請求パパ
  • URL
  • 編集

[C138]

発達障がいの有無に関わらず、やはり子どもの将来を思うからこその行動ではないかと思います。

わが子が定型発達であれば私も教育ママになっていたかも知れません。
わが子にはなかなかそれが思うようにできず日々奮闘していますが・・・

どんな子を持つにしても教育やしつけに関して熱心な親とまるっきりそうでない親がいますよね・・・。

私としてはただ冷静に、子どもに自立してもらいたいと思うところに尽きます。

とはいえ、療育や教育を受けさせるのは時間もお金もかかることです・・・
うちはごく一般的な家庭ですが、今はわが子一人の為にその全てが注がれる環境がありそれには感謝すべきことですね。

とにかく正しい形で世の中の子ども達に愛情が注がれることを願うばかりです。
  • 2012-10-03
  • 投稿者 : こまり@
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

高学歴な親の子→発達障害は間違いでは?

ハル坊の通う療育では、他の子は同じ年齢でも、あまり話せない子も多くいる。
ハル坊のクラスには、女の子が4名いるのだが、話す子と話せない子のレベルが大きく違う。男の子の方が割合平準化されている。
一応、年長児のアスペルガー症候群未満が主体のクラスのようだけど、私から見ると、引っ込み思案なだけな子もいる。でも、引っ込み思案だって支援があれば、楽に生きられるのだから、是非支援を受けて欲しい。

こういう場だから書けるのかもしれないが、子供が支援を受けられる人、つまり療育を受けさせている親と、そうでない親の間には大きな溝がある。
それは情報の入手量の差。
たまにネット上で、「親の学歴が高いほど、子供が発達障害となる可能性が…云々」と見るので、それへの反論で。

学歴が高いほど…、というのは、療育なりなんなりの施設を利用する人数だけのことなら、確かにそうとも言える。
だから、米国辺りの支援者は事実を言ったのだろう。
実際にハル坊のクラスの子の親御さんには、ママさんが実は難関資格を持つ専門家だったり、本やCDまで出している有名な方だったりする。
一方で、中学高校しか出ていない、という方もいる。
子供の介護のために、仕事が出来なくなり生活保護を受けているシングルマザーの方などもいる。

いずれにしても、全体的な分布と比較すれば、親の学歴は高い、と言えるかもしれない。

来ている層は学歴云々の観点からすれば、さまざま。
しかし、彼らと話していて、圧倒的に共通しているのは、情報入手にかなり積極的な点であり、実際に情報入手する能力に長けている点(ちなみにもう一つ共通するのは差別行為に反対すること)。

要するに、療育を受けているのは親の高学歴が問題なのではなくて、少し普通と違う我が子のために、情報を入手出来たかどうかが、療育を利用するか否かの差になっているだけ。
これが私なりの結論。

これが実は私が前に書いた、療育ママを見て、そうじゃなかったら教育ママになっていたんじゃないか、という疑問と符合する。
つまり、教育ママ=子供のための情報入手ママ、なのではないか。

孟母三遷という故事がある。孟子ママも情報ママだったのだろう。

当時は口コミ。孟子ママは、人とのコミュニケーションを円滑に取れる人だったはずだ。

今はネット。検索して、情報の信頼性をきちんと判断出来るならば、容易にまともな情報を入手出来る。

ネットをやる層は、昔は確かに高学歴か有閑階級。今はそういうわけではない。
ただ、PCやスマホのない人だと、入手出来る情報は限られる。
私の知る範囲では、療育のママさんたちは、例外なくPCを持って使っている。

それにしても、私は教育ママさんには少し懐疑的。
子供に勉強させたいが、自分は子供の頃どうだったのか?まさか、貧しくて勉強の機会がなかったわけでもないはず。勉強せずに遊んでいたのでは?
と、うちのママには言いたいところ。

その理由は、また別のエントリーにて。

2件のコメント

[C142] Re: タイトルなし

こまり@さん
子供のことに無関心に見える親というのは確かにいますね。
無関心なのか、諦めているのか、それとも貧しくて忙しくて構っている暇がないのか。色々な背景が考えられますし、色々と考えさせられます。
私のよく知る限りでは、子供を放置気味な親の子供は非常に寂しそうでした。そして、反抗期には反抗度合が高かったです。でも、大人になってからは案外しっかりしている感じです。自立心があるといいますか。私の同級生などで放置気味になっていたのは、兄弟が多い人でした。これは仕方ないかな。兄弟が6人とかいたら、親は全員に構っていられませんから。
私も、今の子供たちが3セットとかの人数でいられた日には、構っていられないどころか、大変な困難を感じるような気がします。。

子供たちにとって「良い方向」というのは、私にはまだ分かりません。
しかし、「悪い方向」はある程度分かります。
そこを避けて通っているうちに、「良い方向」も見えてくるのではないかと思っています。
もっとも、私にとっては、その「悪い方向」に子供たちを向かわせているように見えるのがうちのママなのかもしれませんが。。(笑)
  • 2012-10-08
  • 投稿者 : 請求パパ
  • URL
  • 編集

[C138]

発達障がいの有無に関わらず、やはり子どもの将来を思うからこその行動ではないかと思います。

わが子が定型発達であれば私も教育ママになっていたかも知れません。
わが子にはなかなかそれが思うようにできず日々奮闘していますが・・・

どんな子を持つにしても教育やしつけに関して熱心な親とまるっきりそうでない親がいますよね・・・。

私としてはただ冷静に、子どもに自立してもらいたいと思うところに尽きます。

とはいえ、療育や教育を受けさせるのは時間もお金もかかることです・・・
うちはごく一般的な家庭ですが、今はわが子一人の為にその全てが注がれる環境がありそれには感謝すべきことですね。

とにかく正しい形で世の中の子ども達に愛情が注がれることを願うばかりです。
  • 2012-10-03
  • 投稿者 : こまり@
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

請求パパ

Author:請求パパ
自閉症ながら高機能への道を突き進むハル坊、健常児である妹のさぁちゃん。二人の世話をするのが私。ママは安月給の正社員。私は一応自営業。忙しい時はブログが突如更新不可能になります。
プロフィールの画像は、Finnair(フィンランド航空)のサンタクロースバージョン。機内食のうまかったこと!いつか子ども達と、こんな飛行機に乗ってヘルシンキへ直行したいものです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
2623位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
成長記録
1007位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。